歯周病とは

歯周病とは歯周病菌という細菌が、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケットといいます)に感染し炎症をおこす歯ぐきの病気です。

歯周病がすすむと、歯ぐきの炎症が進むと、やがてあごの骨も溶かしてしまいます。
初期の段階では自覚症状はほとんどなく、気がついたときには歯がぐらぐらし、抜歯せざるをえない状況になっていることも少なくありません。

歯周病写真

歯肉炎

プラーク(歯垢)はバクテリアの集まりです。歯ぐきはとても敏感。プラークが付着したままだと、すぐに炎症を起こします。

歯周病写真

軽度歯肉炎

弱い炎症も長引くと、次は骨が溶けます。歯の周りのかたかった歯ぐきもゆるんで、歯周ポケットができはじめます。

歯周病写真

中等度歯肉炎

ポケットの深さが4mmを超えると、プラークや歯石をかき出すのも限界に近づきます。

歯周病写真

重度歯肉炎

ポケットの深さが10mmに近づくと、歯を残すのが難しくなってきます。

歯周病治療とは

基本治療(原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整)で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対しては、外科的にポケットの深さを減少させる手術や特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)を行う場合もあり、手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。

専門サイトはこちら よりご興味のある方は、専門サイト、セカンドウィングへ