診療症例

オールセラミッククラウン

治療前

症例写真

前歯部分に4本メタルボンドクラウンが入っている患者さんですが、かぶせの縁が黒ずんできたのを主訴に来院されました。

矢印

治療後

症例写真 症例写真

オールセラミッククラウンを使用して治療を行いました。大きな虫歯もあったので、右上第一小臼歯から左側の側切歯までセラミッククラウンとなっています(黄色の点線でかこっている部分)。
大変自然な仕上がりに患者様は大変喜ばれておられます。


治療前

症例写真

神経の処置を行った後放置されていたために、前歯が変色しています。

矢印

治療後

症例写真

歯の根の再治療を行った後、グラスファイバーの土台を植立しオールセラミッククラウンを用いて治療をおこないました。 自然な仕上がりに患者様も大変満足されています。


治療前

症例写真

神経の治療を行って変色した上顎左側中切歯と、変色した上顎右側側切歯のかぶせの再治療を希望して来院されました。

矢印

治療後

症例写真 症例写真

大変自然な仕上がりとなりました。


治療前

症例写真
矢印

治療後

症例写真 症例写真

セラミックインレー

治療前

症例写真

虫歯も少なく、きわめて健康的な歯列をお持ちの患者様ですが、右下にアマルガム(銀と水銀の化合物)が詰められています。

矢印

治療後

症例写真

セラミックインレー(詰め物)で治療の行いました。白いだけではなく、ご自身の歯の色調に調和した、きわめて自然な仕上がりを見せています。(エンプレス2)


治療前

症例写真

詰め物による治療が複数回にわたって行われ、つぎはぎになっています。

矢印

治療後

症例写真

セラミックインレー(詰め物)で治療を行いました。かぶせているわけではありませんが、ご自身の歯の色調に調和し、個性化が図られています。


ラミネートベニア

治療前

症例写真

前歯の隙間が気になって来院された方です。矯正治療をおすすめしましたが、時間などの制限からコンサルテーションの結果、ポーセレン・ラミネート・ベニアという治療法によって治療を行うことになりました。

矢印

治療後

症例写真 症例写真

ポーセレン・ラミネート・ベニアとは、薄く焼き上げられたセラミックを歯の表面に、接着剤を用いて貼り付ける方法です。歯をわずかに削る場合と、削らずに済ます場合があります。この症例では歯はまったく削られていません。 自然な仕上がりに患者様は大変喜ばれています。


治療前

症例写真

着色している歯をなんとかしたいと言って来院された患者様ですが、処置範囲を最小限にしたいという申し出がありました。

矢印

治療後

症例写真

最も目立つ前歯2本だけをラミネートベニアにて処置しましたが、地の色調とうまくブレンドさせ、全体の変色がぐっと目立たなくなりました。


ラミネートベニアとオールセラミッククラウン

治療前

症例写真

交通事故による外傷で、前歯の切端(歯の先)が欠けてしまっています。これをきれいにしてほしいという主訴で来院された患者様です。

矢印

治療後

症例写真 症例写真

向かって右側はすでに神経の処置がされている歯でしたので、根の再治療を行い、グラスファイバーの土台を植立し、オールセラミッククラウンを用いて治療を行いました。
向かって左側の歯は、ラミネートベニアを用いて修復を行っています。


治療前

症例写真

前歯をきれいにしたいと言って来院された患者様です。

矢印

治療後

症例写真

上は前歯2本をオールセラミッククラウンに、下は歯を全く削らずにラミネートベニアにて処置しました。自然な仕上がりに患者様も大変喜ばれています。


治療前

症例写真

前歯をきれいにしたいと言って来院された患者様です。

矢印

治療後

症例写真

ラミネートベニアとオールセラミッククラウンで処置させていただきました。