なぜ根管治療は必要?

虫歯などによる刺激を受けて炎症を起こし、歯髄がその機能を失うと、歯の中の複雑なスペースはお口の中の細菌のすみかとなります。そこで、機能を失った歯髄をすっかりきれいに取り去り、根管を広げて薬剤を洗って、きっちり詰めるのが、根管治療のゴールです。

歯髄腔(特に根の部分は根管)と呼ばれる歯の中のスペースはとても複雑です。ともあれパイプ掃除のようなものなので、入口からどんどん大きく削っていってひろくすれば、中をきれい洗えていいのですが、それでは歯がなくなってしまって意味をなしませんし、パイプが太くなってしまうだけでは、バクテリアを含む唾液などが体内に侵入して危険です。

神経組織をとるために天蓋(ふた)をとられた歯は、まさに体の中と外をつなぐパイプのようなものなので、最後はガッタ・パーチャといわれるゴムのようなものをつめてから、芯で補強して、クラウン(かぶせ)で再度"ふた"をします。

専門サイトはこちら よりご興味のある方は、専門サイト、セカンドウィングへ